ぷくぽく日記バナー
雑談のページです。好き勝手に日々思ったことやら書いています。

ふぇふぇ日記帳~最近のもの~

2016年02月05日 人工知能さん
ファミレスで食事をしていたら、隣の席に座っていた3人組から詐欺の雰囲気が漂う怪しい会話が聞こえてきた今日この頃です。金が口座に振り込まれると直ぐにバレてしまうだとか、払いもせずに蒸発はしないから大丈夫だとか、(貴方は心配しているようだけれども)彼はしっかりと働いているだとか、何やら妙な単語が飛び交っていました。怪しい事を言っている人もモヒカンだしヤバイ香りがぷんぷんします....
さて、グーグルの人工知能が海外の囲碁のプロに対して5勝0敗で完勝したと言う話題がありましたね。囲碁と言えばマス目の何処にでもポイポイ置けてしまうゲームですので、全てのパターンを総当りで検索して良い手を選ぶようなプログラムでは全く上手くいかないタイプのゲームですが、早い話、この手の学習方法を工夫して短時間で大多数の人間に打ち勝てるものが出来たって事です。細かい手法までは分かりませんが、どうも調べていると人間が実際に学習する方法と良く似た認識と判断の方法で動いているようです。これは結構な驚きで、ルールが決められた中で1対1での勝負をするような状況においてはごく一般的な人間を完全に超えつつある(学習する時間を考えれば既に超えているかも?)ってことです。
それなので、将来どんなことが人工知能によって処理されるかな~?と推測してみたのですが、「値段を人工知能がつける時代」が来るのかもしれないと思ってたりします。え~?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、現在広く広まっているサービスに「ポイント」サービスがありますよね。あれは得意先のお客に対しては商品を安く提供しますよ、と言うのが主で、他にも色々と店側にとって都合の良いことがあるので色んな会社が採用している訳ですが、これが発展して「お客様に合わせて人工知能が”公平”に”最適”な価格を提供するシステムが出てきてもおかしくは無いなと思っています。お店とお客の1対1の取引(勝負)ですから、人工知能をそこに配置してもおかしくは無い筈です。
こういったシステムが一般的になるとどうでしょう?人工知能側(お店側)が一方的に勝利しそうですが、実は独占禁止法で禁止されている談合をお客側が使うことも考えられるのです。その方法とは、お客側が結束して「○○なら買わない!」という運動をすることです。こうすることによって人工知能の判断に嘘の情報を混ぜてミスを生じさせることが出来るのです。これは先程「既に人工知能の方が優れている可能性が高い」1対1での勝敗ではなく、1対多数での勝敗になります。そしてこの種の問題は人でもかなり間違えます。経験できることや覚えておけることに限界があるのがその理由の一つですが、これについても既に今現在においても人工知能はかなり対応しているのではないかと推測しています。と言うのも、グーグルでは人工知能を検索結果に用いているとされていますが、まるで人々が求めていて人気があるサイトであるかのように見せかけているサイトを落とすような事をしています。これはまだ不完全のようではありますが、人工知能が浸透してくるような状況であればほぼ満足いく程度まで完成するのではないでしょうか。
当面は1対多数での正確さの向上が人工知能の課題になるでしょうが、すると次に課題になるのは「勝ち負け」の判断ではなく「どの程度に収めるのか」の判断になるかと思います。これはつまり、初心者に対して上級者が手加減をしてあげるようなもので、相手の熟練に応じて調整する機能です。これは凄く難しい問題だと思いますが、これが可能になると人工知能に人が教育されるようになります。そういった世界は恐ろしいでしょうか?
私は凄さを感じますが、恐ろしくはありません。人工知能は人よりも圧倒的に優れた点がありますが、この世界で生きる為の要素がまだまだ不足しているからです。それこそ、人工知能が怖くなれば簡単に壊せるのです。それが人間には出来ないように、人工知能が肉体を持ち、完全に一つの生物として機能するようになった時に、果たして人工知能の長所が維持されているのかが疑問です。人間は頭脳が最大の特徴だと考えがちですが、その一方で身体面での優れた点を軽視している感じがします。例えば、猫に負ける大人はいないでしょう。猫が速くても人間の方が速いです。私は足が遅い方ですが、それでも勝てます。タンスに飛び移る跳躍力が凄い?それくらい人間でも飛ばずに登れるのです。力が無い?少し前の時代の男なら60kgを担げて一人前と言われていました。現代人の非力さを考えると凄い話ですよね。これらは重要な人の力なのです。更に生物であれば常に危機に備え、外敵を排除し、共生して、損傷を修復し、少しずつ変化を加えながら、再構成させています。これらの要素を人工知能が必要になって備えた時、生物に対して優位性を発揮できるかは謎です。だから、怖がる必要は無いと思っています。それにこれは私の哲学的なものですが、もし人を超えていくとしてその過程で人が滅びる事になるなら、それはそれで自然の摂理だし受け入れるべきものだと思います。例え人がいなくなったとしても単に形が変わるだけです。ただ、痛くて苦しいのは嫌なのでそこだけは問題なのでしょうけども。
2016年01月14日 新年始まりました
明けましておめでとう御座います。本年もよろしくお願い致します。
と、定型の挨拶はさておき、ようやく年末年始が終わって生活が元に戻ってきました。そんな新年ですが、去年から手を付けようとして忘れていたものが冷蔵庫にあったので恐る恐る試してみました。それは「ザ・ブレッド!」...単に食パンなのですが、賞味期限が2015年10月7日と記載されております。これには深い理由があり、普段はパンを食べない私ですが、100円だったし偶には食べたくなって買ったものの、2切れも食べると飽きてしまったので冷蔵庫に入れられたまま、どんどんと年月が経っていき放置されていたのです。賞味期限が3ヶ月以上前とあまりにも古い上に、カビも生えていないので違う意味でも恐ろしいので捨ててしまおうかとも思いましたが、既に乾燥していて名称の「ソフト」さが大分失われていてかさついているものの、外観は全く異常無しで匂いも問題無しの上、包丁で切っても全く異常が見当たらないので卵と牛乳を使ってフレンチトーストを作りました。久しぶりなので配分を間違えてあっさり味で、上手く染み込まなかった部位がカサついていますが変な所はありません。
そして次の日。なんとお腹を壊しました...が、多分食べ過ぎの時の症状(パンが多過ぎたけど残したくなかったので全部食べた)なのでパンは異常なかったと思います。パンに含まれているであろう防腐剤のお陰だとは思いますが、これって色々な意味で凄いと思いませんか...?感心する一方で、ある意味ホラーかもしれません。
ところで、フランスパンってガシガシして美味しいですよね~。歯応えがあって噛んでると味が出てくるのでもしパンを主食で食べるならフランスパンだと思います。
2015年12月03日 小さなお別れ
その子は小さな生き物だった。赤みがかった蟻よりも小さな生まれたての子は、無知故か相手が自分達を嫌って殺しにかかる生物であるのにも関わらず、逃げるようでもなく傍をちょろちょろとうろついていた。ここで何故傍をうろついていると分かったかと言うと、その子がある程度離れていっては戻ってくるのだ。試しに「ここにいては危ないよ」と声を掛けても驚いて逃げる様子も無く、のんきに傍を歩いているのである。
うろついている小さな子…その生物としても実際に子供であろう…を暫く観察していると、二つの思いが生じた。一つは多くの傾向と同じようにその子を殺してしまうこと、それとは反対に皆が嫌っているからという理由で嫌う必要があるのかという思いだ。その子は特別気持ち悪い外見をしている訳ではない。この世には生理的に受け付けない外見と言うのはあって、祖先の経験のなせる業なのか身が竦むような形をした生き物は存在するものだ。それとは明らかに異なるし、子供達が好んで捕まえている生き物とそれ程の違いは無い。
それ以後、その子の姿を何かの拍子で目撃していたがここ最近は目にしなくなっていた。今となってはどれ位見ていなかったのかは定かではない。それまでの間、何処にいてどのように生活していたかは不明だ。ただ、きっと台所で目の前をのんきに歩いている彼(彼女かもしれないが、ここでは彼と呼んでおくことにする)がその子が成長した姿なのだと思った。普通、彼と同族の姿を目撃したら、それに気付いた同族はその大きさからは信じられない位の速さで一目散に隠れるものだ。だが彼は目の前をまさに歩いている。足をどのように動かして歩いているのかが良く分かるくらいにのんびりな動きなのだ。
久しぶりの再開に心を動かされながら、以前のように彼の動きを暫く眺めていた。彼は食器と食器の間をゆっくりと渡る。後で使う前に水で流すくらいはしないといけないなと考えつつ、彼が前足をちょこんと出して、ちょいちょいやって先に進めるのを確認しながら進んでいくのを眺めていた。まるでアスレチックを足や手で探りながら動くかのように進んでいく。その挙動は全く人と変わらない。もっと早く動けそうなもの…もしかして毒である洗剤に触れてしまったのだろうか…なのだが、ゆっくりと探り探り上り下りしていた。相変わらずな姿に、嬉しい反面心配になった。彼は生きていくには弱過ぎるかもしれない。
次の日の朝、彼がシンクの中でひっくり返っていた。彼がこちらに気付いたのか、勢いよく動いて何とかして体制を戻そうとするのだが、彼の体は装甲に覆われており柔軟性に難があり、更に悪いことに周囲に掴まれる物は無い。シタバタして動こうにも、排水溝の方向に傾斜がある為か壁があるところまで移動できそうに無い。
まさに必死な状態の彼を見詰めながら、家族の言葉が思い出された。家族は彼のことを毛嫌いしている訳ではないが、標準的な対処法を取るべきではないかと言っていた。少し悩んで、水が彼に掛からないように注意しながら(少し掛かってしまったけれども)コップを濯ぎ、水を飲んで仕事に出かけた。
仕事から帰り、彼の姿を確認。彼がこちらに気付いたのか、近付くと少し動いたが朝ほどの元気は無い。ただでさえ寒さに強くない上に、体勢的に無理がある状態で長時間いたのだ。何とかしようとして疲れきっただろうし元気である筈が無い。暫く悩んだ後、食事を取る為にコタツに向かう。だが、やはり直ぐに立ち上がってティッシュペーパーを一枚取り出した。そしてシンクの中の彼の傍にそれを放る。
もう脱出できただろうか?そう思って除くが、想像以上に体力が消耗していたのか彼はティッシュペーパーに掴まったままの状態で横になっている。休んでいるのかもしれないが、凄く気になる。既にティッシュペーパーを差し出した身だ、意を決してティッシュペーパーを翻して彼を立たせる。すると彼が動き出した。こんなのは偽善なのだろうが、喜んだ。家族にその事を言うとカンタダの話になった。結局、糸が切れてしまう訳だけれども、「多くの人はお釈迦様といえども救えない」のか「お釈迦様が実はサディストだった」のかとか話をした。
次の日の夜、彼はお風呂場に現れた。既に回復しきらない程の重態なのではないかと心配していたのだが、無事にシンクを脱出してお風呂場に到着したらしい。相変わらず逃げる様子は無いのだ。しかしお風呂場とはまた微妙に危険な場所であるが、もう寒いから温まりに来ているのだろうか。家族もそれに気付いて話になる。そんなに彼のことを悪く思っているようではないのでほっとする。
更に次の日の夜、お風呂に入った家族から悲報が届いた。事の真偽を確認しにお風呂場へ向かうと、彼がシンクでひっくり返っていたのと同じように、但し明らかに違うのは、触覚はへなり、足は硬直して天井を突き刺し、壁際に倒れていた。気絶しているだけの可能性を考えて少し様子を見るが、経験上の答えは出ている。持ち出したティッシュペーパーでそっと彼を包む。一瞬、動くだろうかと期待したが直感の方が正しかったようだ。あの時のようにティッシュペーパーに掴まる様子は無い。
彼の死因は、お風呂のお湯にびっくりして壁を駆け上ったが転落して死亡したらしい。落ちる前に羽で飛ぶことも出来そうなものなのだが、生前の彼の動きを見ているからそれは無理だったような気がした。そういう意味では遅かれ早かれだったのだろうか。
2015年11月21日 宇宙の膨張
宇宙の話とかは好きなのでドキュメンタリーはよく見ているのですが、その中でよく出てくる話として宇宙は膨張してるって話があります。膨張の方はまだ理論的な気がしてわかるのですが、良く分からないのがダークマターです。正直な所、凄い遠くの物を観測する際に出てくるずれに対して無理矢理辻褄を合わせているような気がしてなりません。そんな気持ちがあって、色々と思いを巡らす事があるのですが、最近ふと「宇宙の膨張が一方向であるとするならば、時間という概念は実は宇宙の膨張によって生じた変化を観測しているに過ぎない」と言えたりしないのかな~と思ったりしてます。
慣性の法則があります。運動している物体に外部から力が加わってないのなら一定の速度で動いている訳ですが、宇宙が膨張しているなら空間が引き伸ばされた分だけ段々と加速して見える筈です。これがもし空間が膨張していても速度が変化していないとするならば、膨張する前の空間の距離から見た時には減速して見える筈です。これは物体なのでまだ良いのですが、光を放つ物体でその光を観測した時にはどうなるのでしょうか?物体が空間の膨張に影響されず一定の速度で動くのであれば、膨張の影響に関係なく一定の速度で動く速さの物体からの光なのでスペクトルは一定になります。一方、空間の膨張に合わせて加速していくならスペクトルは赤方変移します。これから考えると、物体は空間の膨張によって加速していると見ても良いのかもしれません。
それでは、ここで膨張する前の宇宙を考えてみます。膨張する前の宇宙ですが、物体が膨張によって段々と加速する話からすると今見えている様子よりも当時はゆっくり動いていたと考えられます。小さな宇宙でゆっくり動いていたものが膨張によって大きな宇宙で速く動くようになった。これって、昔からすると今は「(宇宙の)特定の領域を徐々に拡大して見ている」のと同じような感覚がありませんか?それこそ、本当の宇宙全体が見渡せたとして、このスケールを昔の状態に戻すと「外見には何も変わっていない」のかもしれません。ビッグバンが始まりかと思ったら、実はビッグバンの中にいるだけです、みたいなものだったら不思議だな~と思ったりしています。まあ、専門家が読んだら穴だらけで笑われちゃうのかもしれないけどね(*´﹃`*)。名前は「拡大宇宙論」とか付けておきます。
おまけ:膨張する空間の中を進む光単体で考えると、空間が膨張した分だけ光の速さが変わって見える気がします。例えば、遠くの鏡に光を当てて反射させて戻ってくるまでの時間を計った場合、空間の膨張が加速しているなら光が戻ってくるまでの時間が遅くなる筈です。これって、光速不変の法則が守られているのでしょうか?空間が膨張すると光の速度と言えど変わりそうな気がします。空間が膨張しても光の速度が変わらないなら時間の方がずれたことにしないと辻褄が合わないので、空間が膨張すると時間が遅くなると言えるかもしれません。この辺が良く分からない所もあって、時間よりも空間の方がより支配的な存在なのかな~と思ってたりします。だから遠くの天体を観測すると、同じスケールではない物を観測することになって様々な根拠がズレまくる気がするんですよね。それこそ空間の膨張や時間軸も場所によって均一で無いとかあったりしないのかしらん。
2015年10月29日 健康のコーナー作ってみた
全くのプロではないけど、何だかんだ10年近く色々やってきたので知識の整理もかねて「コリを治した~い」のページを作成中です。実際に書いてて実感するのが、「簡単なんだけどこれを持続するのは意外と大変」という事実です。そういえばこんな事をしてコリを解消して良い気分になっていたけど最近やってないな~と思ってやってみると軒並み駄目。ああ、あっちこっち硬いわ~となります。
ページの書き方は結構悩んでます。一気に説明してしまうと分かり難いので情報を小出しにしてますが、本当はやる時に色々と気にかけておくと良いことがあります。逆に、そこを知らないでただやっていると思ったよりも効果が出ないかな~とちょっと心配だったり。今のところ、要約してしまうと「あちこち触ってコリを確認しましょうね」「確認できたら少し動かしてみましょうね」「膝や腰が痛い人は足首回すと良いよん」程度なので、内容無いな~と思われてしまうとちょっとしょんぼり。実際はそれだけでもかなり効果は期待できると思うけど、色々な例をあげながら話を進めていきたいと思ってます。
2015年09月15日 悩んだけど追加したのとマリオメーカー問題(問題は存在しない)
なんとなく足を運んだら思ったよりも割安で物が買えたりすると嬉しくなりませんか?そう思って、あえて格安スマホ会社のキャンペーン情報を載せなかったのですが、うちのような信用が足りないサイトで値段が食い違っていたら喜びよりも不安の方が多いかな~とも考えてまして、最近は格安スマホ会社のキャンペーン情報も載せるようにしました。まだ検索順位もひっくいので見てくれている方が殆どいませんので、実際の反応がまだ不明です。ただ、キャンペーンだからと言って個別に特集を組んで紹介するのは「今がお得だよ?買わなきゃ損だよ?」みたいな気がして趣味に反したので、あんな感じで率直な感想を載せるようにしてみました。役に立つと良いのだけれども。
さて、話は変わってにこにこ動画で最近ある種の動画が多数ランキングされていましたね。マリオメーカー問題と呼ばれているようですが、そもそもの発端が、「任天堂が最近出したソフトのマリオメーカーを実況する形で、ある意味ではゲームの宣伝をすると、実況者にお金が入る事実があり、その結果、ランキングの上位がマリオメーカーだらけになってしまってそれに反感を覚えた人が改善を訴えている」というのが主旨だと思います。で、これなんですが私としては上にあるタイトルのように「問題と言っているが問題なんて存在しない」と思っているんですよね。単純に同業者の競争だと。というのもこれ、このサイトのようなアフィリエイトのサイトで言えば
「Google(ゲーム実況)の検索(ランキング)で1位の奴等が利益を独占していて目障りだ。多様性こそが面白さだから俺達にも活動の余地を残してくれ」
と言っているような物なんですよ。私自身もこのサイトを立ち上げて溜息を吐いている情けない現状があるし、マリオメーカー問題だと訴えている人達もニコニコがもっと面白くなって欲しいという思いがあるのは理解出来ますが、賛同は出来ないんですよね。これはもう少し簡単に言い換えると、「大手がその力を使って自由にやり過ぎると弱小を完全に潰してしまって業界全体がつまらなくなって客が離れる」→「だからそうなる前に自主制限してくれ」という主張の話になるのですが、これはある意味で「そうなったら貴方の収入も減るし不味いよね?だから談合しようぜ?」と穏やかに脅している事実があります。正直なところ、最初にこの問題を見た時に思ったのが「マリオメーカー問題」を提唱した人は多くの人を上手く巻き込んだ、けれども本心は果たしてどうなのかな?なのです。同業者がライバル会社を貶めるCMをすることによって利益を得る。そんな光景が日常になったら不の感情のぶつかり合いばかりになって人が寄らなくなって本当に廃れます。それを理解してやっているのだろうか?仕掛け人は狙ってやっていそうだが....。
さて、話が暗くなってしまったので少し戻しますが、もし仮に、ゲーム実況が趣味の枠を超えてプロ化していって面白くなくなってきたという仮定を一つの事実としても、私としては昔のようにゲームをやっていても社会的に評価されなかった状況から、想像とは少し違ったけれどもゲームで食べていけるかもしれないという夢を与えているゲーム実況の現状を素直に評価したいのです。極端に言えば、ゲームのような無駄なものをやっていてけしからんと言われていたのが、ゲームをやっていても良いのではないか?と変わりつつあるってことです。これはゲーマーなら凄く喜ばしい事実じゃないでしょうか?運もあるのでしょうが、私は純粋にそこの状況に至った人達が凄いなと思いますし、ほんの少し嫉妬してしまいます。まあ仕方ないね。
この後の展開は気掛かりですが、今がまさに本当の意味でのゲームのプロ誕生の過程のような気がしています。足を引っ張ってきた同業者に対して業界を廃れないようにしながらどう対応していくのか。ここを上手く乗り越えられればプロが確立しますし、引き摺り下ろすことの方が利益が生まれるような状況に持っていかれてしまえばプロの道は閉ざされるでしょう。
「プロ化した方が以前よりも面白い」
その感覚が一般的になれば新しい職業が誕生ですね。ただ、なんとなくですがその時には自分はゲームのプロから逆に離れていっているのかもしれない予感があります。そうなったとすると、それって単にマイナーが好きなだけなのかもね。ゲームがメジャーになったら好きじゃないのかも。うむむ、自分で思っている以上に捻くれ者ってことなのかな~ (-´д`-) 。
2015年09月15日 故障とコピー
涼しくなってきたので更新がはかどるわ~とやろうとした矢先、パソコンがブルースクリーンになって再起動しなくなりました。Windowsの起動中に再起動がかかってはじめられないのです。セーフモードも試したのですが同じように失敗。ソフト的な問題かハード的な問題か分かりませんでしたが、ソフトは時間がかかるのでハード的な所からチェックしてみました。
パソコンの起動失敗といえばグラボちゃん。ですがグラボを取っても症状が同じ。メモリちゃんも以前に原因で落ちまくっていたので信用せずに試してみましたがこれも違いそう。メモリのエラーがあると落ちるような落ち方をしていたのに原因これじゃないとか(?-? となりつつ、他のパーツを取りまくったけど全く症状変わらず。結論、Windows死亡って判断で再インストールをしました。すんなりそれは成功したのでやっぱソフトで逝ったのか~と分かりましたが、そこで思わぬ事態に。
なんと、修復的なインストールが行われると思ったらフォーマットからのクリーンインストールになってるではないですか!パスワードとか設定とか覚えてないよぅ(T-T となったものの、なんとかあらかた修復できました。やれやれといった感じですが、多分いろいろ無くなってると思う....
さて、最近巷を賑わしているデザイナー佐野氏のコピー事件ですが、あれの問題の本質は何だったのでしょうか。コピーしたのがいけないのでしょうか?
絵であれ製品であれ何であれ、そもそも技術は人のを見て盗むものとも言われますし、人の良い所を真似しながら自分らしさを加味していく物でもあります。技術者なら当然他社の競合製品を見比べて何が良いのか悪いのかを考えたりしますし、自社の設計思想を加味して似たような製品を作ることもあります。そもそも、仕草であれ文化であれ人が人を模倣しながら、余分に思えた箇所は短縮して先鋭化させながら生きてきているのが現実です。実際、他人の良い所を取り入れるのは何処でも行われていますし、あまり騒ぎになったりもしません。でも今回は騒ぎになってしまったのは何故でしょうか?
結局の所、そこに利益が動いているからです。そして多くの人は本音ではオリジナルにさほど価値を感じていません。例えば、単独では殆ど価値がないものを集めてうまく配合することによって大きな価値を生み出すことがあります。これは集めて配合した側から見れば全く別物の自分が作ったオリジナルですが、その為の個別の部品を作った作者からはコピーだと思われます。例えば、アフィリエイトの世界では色々なサイトから情報を取ってきて纏め上げることによって付加価値を生じさせたサイトがオリジナルのサイトよりも評価が高くなり、オリジナルのサイトがコピー扱いされるような事もあります。ですが、客観的には果たしてどちらの方が人々に求められていたのでしょうか?オリジナルですか?先進的で話題になったiPhoneが完全にオリジナル?本当でしょうか、訴訟で各社が戦っていますよね。
こうやって考えると、そもそも人々はオリジナルを求めていない(そもそもそのように生きていない)のだから急所を見つけて上手く配合するほうがよっぽど世の中の為になる、という理論は成り立つでしょう。ある意味で佐野氏はそれを体現したようなやり方だった訳ですが、今回は駄目でした。
何が悪かったかで言えば、コピーの度合いに対して利益が大き過ぎた、と考えるのが妥当でしょう。また、コピー元への利益の還元を怠ったからだとも言えます。例えば、これが利益を生み出さない地域の行事などでちょっと使っている程度ならば問題視されないでしょうし、コピー元にそれぞれそれなりの利益が分配されるのであれば文句は無い筈です。1つの製品の完成形を作る為の部品のように個別に購入済みであっても問題なかったでしょう。また、過去を含めて些かやり方が露骨過ぎて評判がよろしくなかったので助け舟が足りないのもあるかと思います。
さて、この事件で一番気掛かりな事実は「人々はオリジナルにはさほど価値を感じてはなく、差別化した者が成功している」傾向が読み取れることではないでしょうか。言い換えると、グレーなやり方こそが勝者になれる、と如実に述べている事件な気がしてしょんぼりです。このしょんぼり感が怒りに変わった人が叩いているのでしょうね。
2015年09月07日 涼しくなってきました
涼しくなってきたのでパソコンの前に座るのが楽になってきました。エアコンの無い部屋なので、パソコンからの廃熱がプラスされた状態の真夏の日中に作業するのは大変で、かといって夜になると付けるコンタクトのせいで片目が痛くて開けれなくなったりしてしまう状態(開けてると痛くて涙ボロボロ状態)なので、正直しばらく更新作業が億劫になってました(てへぺろ)。それなので遅れていた更新をちょこちょこやってます。
さて、お盆も通り過ぎた訳ですがちょっと事件がありました。まさにお盆休みの連休中なのですが、車をスーパーの駐車場に止めようとして停止し、ギアをパーキングに入れて左右のミラーで入れるかどうか確認していた時に、右側面前方に駐車していた車が不意にバックしてきて車をぶつけられてしまったのです。
外装がやられただけで体には全く衝撃も無かったし、私は完全に停止していたので修理代等は100%相手持ちにもなりましたが、事故の処理のお陰でスーパーは閉まっちゃうし、保険会社とのやり取りが必要で緊張するし、車は勿論修理に入れ無いといけないし、その為に代車を使ったりと色々と面倒でした。夏の暑さとお盆ということで、どうしても心が落ち着かないで普段やらないようなミスをやってしまったりがあるので、そういったシーズンは気を付けないといけませんね。私自身、稀に何となく「何でこんなことしたんだろう?」と、やった直後に我に返るようなことをやってしまうことがあるので、事故は怖いわ~と再確認した事件でした。事故直後は、被害者側だけどなるべく穏やかな雰囲気になるように「ほわわ~ん」とするようにしていたのだけど、相手の人はどう感じたかな~。
事故後、今度は自分がぶつけるんじゃないかと思って少し駐車場が怖かったりします。軽いPTSDみたいなものなのかしらん(?-?。
2015年08月10日 8割回復~
辛かった喘息ですが8割方回復しました。でもまだちょっと体力の低下があるようで、元気なら途中休憩無しで登れる階段を、途中で一休憩入れて風景をぼんやり眺めています。このサイトに載っているスマホで撮った写真ですが、休んでる辺りで撮った写真だったりします。木陰になっているので少し涼しいんですよね。まあそんな風景を味わうことが出来るくらいに楽にはなったのですが、まだ咳は出ていまして、ゲホゲホと咳き込んでいたら仕事場で「風邪をひいたの?」と心配されてしまいました。体感では凄く調子が良くなっているので「(?-?」となったのですが、先日お医者さんに「慣れっこだから気付かないのだろうけども、肺気腫で入院する人と同じくらいに苦しい状態になっているのだから無理をしないように」と言われたので発作が起きていると結構きついのかもしれません(よく分からないけど...)。喘息の発作が出ている時のイメージとしては、全力疾走した後の肩で息している時にストローで呼吸する感じがずっと続く状況が近いかな~?と思っています。それなのでなんとか歩き続けられるペースで歩こうと思ったら、通常の1/4くらいの速さで歩けばなんとかいけるので、もし呼吸困難になったら凄くゆっくり動くのがお勧めです。因みに、この状態で走ったら本気で死ぬかもしれないのでNGです。相当前の話になりますが、一度無理をして走ったら「本気で救急車を呼んでもらわないと不味いかもしれない」と駅のホームで鞄を放り投げて両膝を地面につきながら後悔しました。
さて、体調不良で更新を休んでいる間に、格安スマホの記載している内容が現状と食い違ってきている所があったので一部直しておきました。まだ新しく出てきたZenfone2 Laserについては調べきれてないのでもう少し調べたら追加しようと思います。あと、HUAWEI p8lite のセルスタンバイ問題について「多分大丈夫」程度の言い回しになっていましたが、メーカーさんより「大丈夫だって!」という回答を貰えたので「実際安心」の表記に変えました。最新機種はどんどん対応してきているのでもう少しでセルスタンバイ問題も解決するかもしれませんね。
おまけ。モンパレで「多分、今肉を投げるとSSくるな~」と思ったので投げた結果がこちらです。
ソーシャルは怖いね。
2015年08月03日 寝込んでました~
最近、すっかり夏で暑いですね。先々週の末辺りから急に暑くなってきましたが、暑かったので上半身裸でサイトを作っていたら風邪を引いたらしく喉がやられ、喉がやられると鼻もやられて口呼吸になり、肺に負荷がかかって喘息が起きて疲弊。風邪を治すだけの体力が戻らないので治らないで喘息の発作が慢性的に起きている状況になってしまいました。喉がやられた時に「やばいな~、もしかしたら一週間駄目なパターンだなぁ」と思ったのが案の定、1週間以上調子が悪く、最近になってようやく体調が改善してきました。昼も夜も暑いと思ってたら単に熱が出てたんじゃん!って気付くまではさっぱり改善しなかったですね。とにかく喘息持ちが風邪を引いた場合は、「鼻を通るようにする」「熱を下げる」「肩で息をして横隔膜が下から上に肺を押しつぶし続けてしまって肺にダメージを与えているので、多少楽な時に肩甲骨の力を抜いて肺を広げる操作をする」のが良いのかも。最後のはかなり意識しないと難しい(これが意識せずに出来れば喘息にならないかも?)けど、最近ちょっと出来るようになってきました。これはワザマエかもしれんですのぅ...。
さて、風邪と言えば去年も暑かったので裸になったら似たようなことになった気がします。それなので原因をよくよく考えてみたのですが、多分暑くても裸になっちゃ駄目ですね。生活の殆どの時に服(少なくとも肌着)を着ている訳ですから、服を着た状態での体温調整をすることが当たり前になっている。これってつまり、服を着た状態でないと体温調整が出来なくなっていても不思議ではないって事ですよね。これがもし水の中であればそちらはお風呂だったりプールだったりで慣れている訳で、一番どうにもならないのが「ただ裸でいる」ことなのかも?
2015年07月25日 ちょこちょこお化粧直し
色々な所の見栄えが少し良くなかったので直してます。比較表も少し抜けがあるので修正中。今回特に弄ったのが画像でして、このサイトはパソコンとスマホが両方同じソースで読めるようにしてるので、スマホの場合は画像のサイズを調整している訳なのですが、,<img>タグ全体を「スマホなら横幅一杯に拡大」とやってしまっていたので、大きくする必要の無い画像も大きくなるので、小さな画像は別の処理って扱いをしてました。けれども、よくよく考えたら「大きい画像を特別扱いにした方が良いのでは?」と思ったのでCSSをカキカキ手直し。暫く表示が少し崩れてしまうかもです。
2015年07月17日 ホームページが新しくなったと言う話の理由はこれだったのか~
格安スマホのスマホ本体(廉価スマホ)を作っていて、フレンドリーな自社製品紹介が特徴のFREETELですが今度は格安スマホのSIMも手掛けるようになったようです。ご免なさい、実はサービスが新しくなったのは確かなのですが、以前の2014年11月から別の形でサービスを行なっていたようです。このサイトではすっかり漏れててテヘペロ。追記しなくてわ~。
さてこのプラン、何が新しいかと言うと「ネットの使用量に応じて料金帯が自動で決定」といった所です。ネットを使ったり使わなかったりする月がある人用に「翌月に余った分を繰越」を採用している会社も多いですが、ここは方向を変えて「使った分だけ払う」ようにしたようです。例えば、海外出張等で1,2ヶ月使ってなかった場合にはネットの分が最低料金で済むってことですね。非常に分り易くて良い反面、使う量があまり気にならないので使い過ぎに注意のプランとも言えますね。2015年6月19日のプレスリリースで「ダイワボウ情報システム株式会社との協業開始」とあるのでその辺の絡みなのでしょうか?こちらは法人向けのようなので別件かな?どうなのでしょう。まだサイトを新しくしたばかりなのか少し情報が不足しているので問い合わせてみようかと思います。
フリーテルの紹介ページ
しかし格安スマホの世界もまだまだ動きが大きいですね。変化があった場所は随時修正していってるのですが、気付くと機種が変わっていたり各社が提携しているので対応が間に合いきれてません(汗)。個人的には潮の流れが変わってきて最初の段階から次のステージに移ったかなと思っているのでこれからの展開が楽しみですね。
2015年07月16日 新機種のレポート的なものを作ってみました
うちに無くてよそ様にあるもの...ずばり、新製品レポーツ!となんとなく思ったので、最近新しく登場したファーウェイのP8 liteについての記事を書いてみました。他のサイトでは写真をエイヤーと使っているのですが、使って良いのかイマイチわからなかったので自分でチコチコ絵を描いたりして載せてみました。結果的にこのサイトらしい華の無い地味ぃな紹介ページができたのですが、その内実はかなりP8 liteが気に入って書いてしまったのがその辺りのニュアンスが出過ぎているかもしれません。このサイトでは「この製品が1番!」といったランキングや、「これが私のお勧め!」ってのはやらない方針でして、そのお約束と少し接触してしまいそうでふわっふわなのですが、多分セーフだと思ってます。それに表をよぉ~く見てみると、「あら?この機種性能は抑え目だけど大きさ的にはやるじゃない?」となったりするのです。地味な機種に隠された意外なコダワリ...好きかも。なんかこう、トップを走っていない人を応援したくなる気持ち、わかるでしょうか?
2015年07月12日 検索キーワードん
格安スマホと言えばイオンスマホが話題に上がっていましたよね。このページでもイオンは記載していますが、どうも「さくっとわかる」からは少し離れているような気もするので、「何故?」の部分をとってしまってとにかく短時間で要所がさくっと分りたい人向けのページをお試しで作ってみました。結果的にぺらんぺらんのページになってしまったのだけど大丈夫かしらん(?-?。
2015年07月06日 モンパレフィーバー
モンパレは法則があるような気がします。多分SS出るんじゃないかなと思って7月4日に肉を10個投げてみた結果がこちらです。
偶々かもしれませんが、SSとSが一緒に出るのが特長的な気がしてます。また、次の日の7月5日に駄目もとで10個投げてみました。
SSが出てますがSは無し。こっちはまぐれかな~?因みに今日こと7月6日にドレアム当たるかしらと思って残りのしもふりにくを10個投げてみましたが、そちらはSもSSも出ませんでした。結果は妥当なのですが、お気に入りのエビルプラントも当たらなかったのでしょんぼり。ぷちシリーズで多分一番嫌いなプチヒーローばかり当たりました...。
んと、話が自慢みたいになっていますが、今回の結果が当然であるとするとソーシャル怖いわぁという話だったのです。仮説ではあるので実態は分りませんが、滅多に10個投げなんて出来ないのに結果が偏っているような気がして、この原因のプログラムがあるような気がしております。
2015年07月02日 独自ドメインにしてみました
今までは独自のドメインを取らずにレンタルサーバーのドメインを使用していたのですが、何やら様子がおかしい。レンタルサーバー自体のドメインパゥァを期待して、かつ安上がりなのでドメインを取らずにしていたのですが、グーグルのサイトマップに登録しても減ってしまうし、検索で「site:(自分のサイトのアドレス)」で自分のサイトを調べても、自分のページは殆ど出てこなくて、代わりにレンタルサーバーの案内と、同じレンタルサーバーを使用している別の方の情報が出てきてしまうのです。これはよろしく無さそうなのでドメインを取ってみました。まだ取ったばかりなのでサイトマップを登録してもウェブマスターツールには表示されないのですが、「site:(自分のサイトのアドレス)」で調べると、作ったページが全部載ってくれているので、少しわくわくしています。
さて、次はどんなページを作りましょう?ゲームのレッスンはまだ序章のような所なので随時書いていくとして、他のページが「これは為になるッ!」と言える構想がいまいちボンヤリしているので思考中です。味気ないページなので、他のページのようにもう少し絵を載せたほうが良いのかなとも思うのですが、他のサイトの散りばめられた絵を見ると惑わされて疲れてしまうことがあるので、すっきりと見易いページを考えるとあんまり載せるのも微妙かな~っと思ってます。もし載せたとしても私のしょんぼりな絵が大量投入されてしまうという危険もあって...なかなか手が出ません。ただ、トップページへのリンクは必要になる筈(あんまり使わないかもだけど...)なのに不便で分り難かったので少しだけ直しました。あと、トップページだけアイコン付けて見たのだけどどうかな~。
2015年07月01日 覚えゲー多い
今日は仕事が早上がりになったので更新を普段よりも頑張ってみました。ゲームの王道のレッスン2をアップです!(キリッ)
え~...正直な所、タイトル負けしてそうな内容になりそうでビクビクしてもいるのですが、考えを纏めてみると「ゲームを作る時のヒントになるかも!?」とか自画自賛しながらカキカキしております。まあ作ったりはしてないのだけども...作ってみるかしらん(?-? でも、絵が描けないのはこの頁の色々な所を見るとお察ししてしまうので多分作らないっぽい。
さて、ついにモンパレ終わるっぽいで少ししょんぼりしてましたが、手持ちのお肉を10個投げてみたら少し元気が出ました。
運営じゃないよ?宣伝でも無いよん、うひょひょい♪
2015年06月の日記
昔の日記はこちらです
トップに戻る
ボウリングのスコア伸びないかな~