スマホの性能表の意味とは
性能表に乗ってる言葉の意味ってなんなの?なんで?の答えにもう一歩踏み込んでさくっと解説をお届けします。

スマホの性能の意味とポイント〜カメラ編〜

スマホにおけるカメラの位置取りとは
スマホのカメラの性能を語る前に、スマホに搭載されているカメラの性能は本職のデジカメと比べてどのくらいなのかを比べてみたいと思います。スマホは何処でも持ち出しているのでちょっとした撮影には便利ですし、自分撮りを行う方もいらっしゃると思いますが、カメラ性能についての記述を最後に持ってきたのはこの比較の結果からなのです。
スマホのカメラ性能ですが、中堅クラスで800万画素、高級機になると1,200万画素が大体の性能になっています(詳しくは当ページ「スマホの性能について更に詳しく」をどうぞ)。ではカメラ専用機のデジカメはどのくらいの性能なのでしょうか?これはある意味衝撃的でして、1万円しない機種で2,000万画素もあったりします。画素というのはカメラに入り込んだ光景(映った絵)をどれだけ細かい点であらわせられるかという性能でして、細かさだけの指標でどれだけ正確(ノイズに強い)なのかはまた別でありますので画素数だけで性能を語ることは出来ません。写している角度(範囲)も違いますし、どれだけ明暗に強いのかも違います。更に、多少ボケていたほうが逆に綺麗に感じたりもするのでかなり複雑なのです。しかしながら、細かい所をチェックしていったとしても、写す事だけを考えて作られたデジカメと、パソコンに電話機を詰め込んで更にスペースが無い所にカメラを搭載したスマホとでは、やはり専門家であるデジカメの有利さが出てきてしまいます。つまり、スマホのカメラはあくまでおまけ的なものであるということです。ですので、綺麗に撮りたいと思ったら素直にデジカメを買った方がはるかに良いものになると言えます。これが、カメラ性能を最後に持ってきた理由でした。
デジカメとスマホの性能差
これだけで話が終わるとしょんぼりして終わりなので、もう少し話を進めたいと思います。デジカメとスマホのカメラ性能の差は明らかなのですが、おまけでも十分な性能なのかもしれません。何よりスマホは何処にでも持ち歩いていけますが、デジカメだとかなり好きでもない限り持ち歩いたりはしていません。何か思いついた時にスマホなら撮れるのです。そして更に、スマホはソフトが豊富なので色々と加工することも容易でしょう。では実際にスマホでどの程度の画素数があれば良さそうかと言いますと、800万画素あればそれなりに満足できるのではないかと思います。私の持っているスマホが実際に800万画素で、日が暮れそうな時間にフラッシュ無しで撮ってみた写真が次の写真です。
撮ったタイミングや被写体がこれで良かったのかは謎ですが、一応こんな感じでそれなりには撮れているのではないかなと思います。
さて、カメラについては本当に簡単な説明で終わらせてしまいましたが、各社のスマホのCMを見るとしばしばカメラ性能が挙げられています。綺麗に撮れるよ、高画素数だよ、と商品をお勧めしています。これは決して批判では無いのですが、スマホは電子部品の組合せですので、同じ価格帯だとどうしても同じような構成になってしまう一方、売りとして公表し易いのがカメラ性能であり、写したものは実際には画像処理を行った後にユーザーの人が見ることになるのでメーカー側で特色を出しやすいと言えるのです。スマホを作ってみたものの他社と画面のサイズは同じだしCPUの種類も同じ、メモリ容量も同じだし搭載しているカメラ自体も同じ、どうしたものか....売り込むのは難しいです。ですので、スマホがあまり得意とは言えない場所をアピールしなければいけない営業さんの大変さと、少しでも差を出そうとする技術さんの苦悩が滲み出ているのでしょうね。
←←スマホの性能の意味とポイント〜メモリ編〜
←←スマホの性能の意味とポイント〜バッテリー・CPU編〜
←←スマホの性能を何処から見ると全体が分り易いのか〜
トップに戻る
最終更新日:2015年07月02日