格安スマホとは
格安スマホってなんなの?なんで?の答えにもう一歩踏み込んでさくっと解説をお届けします。

格安スマホへの移管には何が必要になるの?準備と手数料

格安スマホに移管する際に実際にやること
”格安スマホ”に移管する際に、必要なことを順番に列挙してみました。最初は少し戸惑うかもしれませんが、一度やってしまえば難しくは無い内容です。
1.格安スマホの会社のホームページでユーザー登録をします。ネットショップの場合と全く同じで、住所・氏名・年齢等を入力します。
2.既にスマホ(携帯電話)を使っていて電話番号を引き継ぎたい場合は、番号ポータビリティという電話番号引継ぎサービスを使用します。その為、使用しているスマホ(携帯電話)の会社のホームページで番号ポータビリティで電話番号を引き継ぎする為の予約番号というのを入手します。例としては「番号ポータビリティ ドコモ」で検索すると番号を入手する為のページにいけますので、既にログイン出来る状態でしたら番号ポータビリティの予約ページで直ぐに予約番号が貰えます。まだログインをする為のIDとパスワードが無ければ、登録用のページがありますのでそこから登録します。もしくは、担当部門へ直接電話しても大丈夫ですし、大手携帯電話会社のお店にいって案内の人に聞けば直ぐに予約番号が貰えます。
3.スマホの側面や電池の入っている所の側にあるSIMカードという薄くて切手よりも小さなカードの種類を確認します。SIMカードの種類は大きさで分かれていて3種類あります(下図)。このカードはスマホ(本体)が携帯電話会社のサービスを使う時の許可証のようなもので、格安スマホにする時には会社を切り替えることになりますので許可証のSIMも交換になります。このSIMが刺さっていない間は、携帯電話会社のネットと電話が使えません。逆に言うと、携帯電話会社のネットや電話を使わなければSIMカード無しでもスマホはそのまま使えます。尚、格安スマホでセット売りされているスマホを利用する場合は、格安スマホの会社側がどれを使うのか把握している為、指定不要です。
4.身分証明書(運転免許証等)を用意します。撮影した画像をネットで送るだけのパターンと、コピーして郵送のパターンがあります。
5.格安スマホ会社のホームページで使いたいサービスを選んで依頼します。この時に先程用意した番号ポータビリティの予約番号とSIMカードの種類の情報、身分証明書の提出が必要になります。
6.依頼が終わると、大体次の日には今までの携帯電話会社との契約が打ち切られます。格安スマホの会社側が元の使っていた会社に連絡する形で処理が終わるので、自分で解約手続きをする必要はありません。番号ポータビリティの予約をすることが、解約する為の予約をしているようなものです。契約の切り替えと同時に、格安スマホ会社のSIMが発送されます。依頼してから大体4,5日で届くようです。
7.届いたSIMをスマホに差し替えます。昔のSIMはもう使えないゴミなのでハサミ等で切り取って捨てて下さい。期限切れの定期券みたいなものですね。但し、格安スマホ会社の中には返却する必要がある会社もあるので注意下さい。
8.スマホを起動して、設定の項目からモバイルネットワーク設定を探し出してAPNの設定をします。このAPNというのはプロバイダーのように接続する所の名前(アクセス・ポイント・ネーム)でして、新しく格安スマホ会社に接続することになるので変更が必要になります。変更内容は、SIMカードと一緒に送られてきた冊子の中に書かれていて、APN,ユーザー名,パスワードの3項目を入力すれば大抵は使用できるようになると思います。
以上で、やることは終わりです。次は切り替える際の注意点について説明していきます、
格安スマホに切り替える際の注意点
格安スマホに切り替える際には幾つか手数料が必要です。
1.初期登録手数料(大体3,000円)。これは発送されるSIM代が入っている場合が多いです。
2.番号ポータビリティの費用(大体3,000円)。電話番号を移管しない方は不要です。
3.元の携帯電話会社の2年縛り,3年縛り等の違約金(値段まちまち)。これは私的にはかな~り腑に落ちない違約金なのですが、携帯電話大手3社との契約は2年契約や3年契約になる代わりに月々の料金がお安くなる(安くないけど...)プランが標準的でして、2年契約で実際の使用した期間が2年6ヶ月で解約すると、2年丁度の区切りではなく途中として判断され違約金を月々の支払いの時に取られます。これはかなり長く使っていても、契約更新の際に上手く切り替えないと違約金というシロモノです。格安スマホ会社では半年や1年以上といった縛りはありますが、それ以降はいつ変えても違約金はありません。この対応の仕方のどちらが誠実かは一目瞭然かなと思ってます。尚、実際に払うことになる違約金は調べても分り難いので、使っている携帯電話の会社のショップで聞くか、電話で問い合わせてみた方が良いかもしれません。
4.元の携帯電話会社の最後の月の使用料ですが、大抵は月額なので少しの期間でも全額払います。つまり、○月2日あたりに切り替えると使っても無いのに丸々払うことになって酷い目に遭います。
以上4点の出費は、切り替える際に躊躇う原因になる厄介なものです。ですので、前のページでは1000円分の余裕を見て更にもっと安くなるかで格安スマホに切り替えるべきかの計算をしてみました。1ヶ月1000円、2年で2.4万円の計算です。実際の移管費用が1~2万円だとしても多くの場合では4ヶ月目あたりから移管の方が大きくプラスになるのではないでしょうか。
それでは次に、格安スマホの各社の特徴について見ていきます。
格安スマホ会社の比較、少し長いです→→
←←格安スマホとは...スーパーのようなもの、です(戻る)
トップに戻る このサイトの方針について
最終更新日:2015年10月09日