格安スマホとは
慎重な人向け。格安スマホでも、いやだからこそ欲しい安心をチェックしてみました。

格安スマホでも安心保障は欲しい

格安スマホの利点が分ってても使わない理由
格安スマホが安いのはわかっている。お店も無いし回線もやや遅い。そこは十分理解できてるし使用環境的にも問題は無い。だけれども格安スマホには移らない。何故って?物が壊れるのは当然でしょ?だからノーサポートでは駄目、壊れたりした時に困るから。今まで故障にどれだけ面倒な思いをしてきたことか....。
そんな声は結構あるように感じます。私自身は保障はあまり気にしないのですが、以前にこういった事がありました。その時は母と一緒に家電量販店でテレビかDVDレコーダーを買ったのですが、その際に店員さんが薦める保障の延長サポートに母がOKを出していた(当然、追加料金を払ってる)ので、「要らないんじゃないの?」と軽く尋ねてみた事があるのです。その場での回答は無かったのですが、実際にDVDレコーダーがちょこちょこ壊れて修理を何度も頼んでいるのをみると、あの時の母の目は「お前はまだ若いからわからないかもしれないけど必要なのよ」と言っていたのかなと思ったりします。確かに、製品は意外と壊れてしまうことが多くて、パソコンのグラフィックボードはよく壊れるし、キーボードも特定のキーが反応激悪になったりすることもあるのです。これが直ぐに買い換えられるものならともかく、普段使っている家電やスマホじゃねぇ、困るのよ。ごもっともです。
それでは実際に全くサポートが無いのだろうか?いや、最近何やら目に付く所に「安心サポート」って文字があるぞ?ということで、調べてみました。
割り切って何もしていない会社と気になっている会社がある
格安スマホ会社はサポートに掛かる費用を削ることによって安くしている事実がある反面、サポートを主にネットで行なうことによって効率化をはかってコストを抑えているとも言えます。つまりサポートの手段を変えている訳でノーサポートでは無いのです。とは言え、電話でのサポートが欲しい人もいます。ここでそもそもの話なのですが、大手3社だからサポートがある、格安スマホ会社だからない、と両極端になる必要は無いのです。サポートがどうしても必要な人にはオプションで対応することも可能な筈で、実際にサポートが必要だと考えた会社はオプションで提供しています。まずは、当ページで紹介してきている会社の中でオプションのサポートが有るか無いかで分けてみました。
オプションのサポートが無い会社
  • ビーモバイル
  • ソネット
  • モバイル4G/D
  • ぷららモバイルLTE
オプションのサポートが有る会社
  • OCNモバイルONE
  • IIJmio
  • 楽天モバイル
  • ユーモバイル
  • ニフモ
  • ビッグローブ
  • DMMモバイル
  • イオンモバイル
  • PCデポ
  • UQモバイル
  • マイネオ
  • もしもシークス
  • フリーテル
OCNモバイルONE(サービスが開始されました)、ビーモバイルは格安スマホではシェアの高い2社なので、少し不思議な感じでもありますね。元々の信用があるのでコストの掛かるオプションを提供する必要性が薄いという判断かもしれません。さて、それではどんなオプションがあるか見ていきたいと思います。
時代は正にサポート時代
表を見ていただく前に全体的な話から始めますと、サポートのオプション代は月々の代金に上乗せする形になっています。故障時は代替機が宅急便で送られてくるか、もしくは同型機に交換です。修理代(会社によっては代替機代))は多くの会社で1年間の間に1回目は安く、2回目は高くなっています。3回目以降は通常料金です。変わったシステムですが、壊れたスマホを安く買ってきて修理に出すような人がいるのかもしれません。尚、当然ではありますが新しくスマホをセットで買った人のみが対象で、修理代はメーカー保証が切れてから掛かります。殆どの会社で2年または3年過ぎると故障サポートが切れるので注意して下さい。
会社毎のサポートの有無
会社名/料金 電話
(月額)
故障
(月額)
故障
対応
故障の修理代 出張

OCNモバイルONE
500円 × × × ×

みおふぉん
× 380円 交換 1回目
5,000円

2回目
8,000円
×

楽天モバイル
500円 850円 交換 5,000円
年間2回まで
×

ユーモバイル
500円 × × × ×

ニフモ
× 380円 交換 1回目
5,000円

2回目
10,000円
11,520円

ビッグローブ
475円 300円 修理 1回目
5,000円

2回目
10,000円

3回目
15,000円
12,000円

DMMモバイル
× 350円 交換 3,000円
年間1回まで
×

イオンモバイル
300円 250円

450円
交換 2,500円

7,000円
×

PCデポ
× 500円 交換? 不明

UQモバイル
× 380円 修理 6,000円以下
何回でも可
×

マイネオ
× 370円 修理 1回目
5,000円

2回目
8,000円
×

もしもシークス
× 539円
or
639円
(iPhoneは+100円)
交換? 1回目
5,000円

2回目
10,000円
×

フリーテル
× 機種に応じて変化 交換 本体価格の約30% 3,000円

15,000円
OCNモバイルONEの電話サポートは初月無料で初期設定サポート付きで且つ、ネットの保存フォルダ128GB込みです。セキュリティ対策ソフトが250円/月であります。
みおふぉんはセキュリティ対策ソフト(ウイルスバスター)が250円/月であります。また、子供の接続を制限するiフィルター360円/月、ネットの保存フォルダ500円/月、迷惑電話を自動で着信拒否するトラビフォン300/月、SNSやオンラインサービスの使用の際に個人情報の連携のチェック・遮断が管理できるスマートチェッカー300円/月。また、これらをセットにした割引タイプもあります。
楽天モバイルの修理代は電話サポート込みです。
ユーモバイルはスマホが壊れた時の保険(全損5万円,一部破損1万円)が500円/月。セキュリティ対策ソフトが350円/月であります。
ニフモの出張サービスは24ヶ月の月割りで480円/月ですが、途中でやめても違約金が掛かって同じなので11,520円と表記しました。セキュリティ対策ソフトが200円/月であります。
ビッグローブは1年間はセキュリティ対策ソフトが無料で使用可能です。
DMMモバイルはセキュリティ対策ソフトが250円/月であります。
イオンの故障補償と修理代はスマホの種類によって異なります。電話・修理・セキュリティの3つの割引セットが有ります。
PC(ピーシー)デポは店頭でスマホの初期設定を行なってから引き渡します。
UQモバイルはセキュリティ対策ソフトが290円/月であります。
マイネオ(mineo)セキュリティ対策ソフトが270円/月、メールのウイルスのみ対応なら200円/月で使用可能です。また、100円/月で迷惑電話の拒否が出来ます。
もしもシークス(エックスモバイル)はプレミアム保証(639円/月)だと盗難・紛失・データ復旧支援サービスも付きます。
フリーテルは店舗で買う場合は同社製のスマホを購入時に追加で保証料を払い、ネットで買う場合には月額になります。料金は店舗で購入する場合にはスマホの価格の2割程度、オンラインの場合は月額ですが1年分でスマホの2割以上の金額になってくるのでお店で買う方が総合的な価格は安い設定になっています。実際の交換時には本体価格の約20%の価格で交換になりますので、買い直す場合と比べると4割程掛かるイメージで良いでしょう。交換可能回数は2回迄。
まとめ
電話での細かい使い方についてのサポートや、スマホの故障に対してのオプションはどうしても値が張りますね。ただ、使っている内に慣れてしまえば電話サポートは不要で削れますし、故障のサポートは各社代替機を用意したりスマホ自体を交換したりとコストが掛かるので仕方ないと言えます。セキュリティ対策のソフトについては、サービスを提供していない会社でも簡単に導入することが出来るのでさくっと読んでおいてください。
最後に、格安スマホを使用する時の月額使用料の細かい話を確認したい方は、下記のリンクから詳しく解説しておりますのでよろしければご参照願います。ネットを大量に使う方の場合は「ネットセレブ」の方がお勧めです。
格安スマホ会社の比較、少し長いです
格安スマホ会社の比較、ネットセレブ5ギガ編
トップに戻る このサイトの方針について
最終更新日:2016年02月05日