格安スマホとは
ソネットが新しく始めた「0 SIM」を検討してみたらとてもソネットらしかった

ソネットの「0 SIM」は誰向け?全く別の2方面を同時に狙った料金体系の新SIM

「0 SIM」は一見するとFREETEL SIMに似ている
ソネットはスマホと回線がセットで月々 1,980円 or 2,480円 等、一定料金の分かり易さが売りと言える格安スマホ会社と言えますが、新しくSIM単品の少し変わったサービスを始めました。一番の特徴はなんと言ってもネット使用量が500MB未満(0.5GB)までならネット代が0円ってところです。そしてそれ以降は2GBまで0.1GBで100円づつ加算されていきます。2GB~5GBは料金が増えませんが、5GB以上になると速度制限がかかるという料金設定です。つまり、ネット分の料金が最大で1,600円で5GB制限と言い換えれます。通話の方は他社と同じように700円追加になりますので、最大で2,300円/月のサービスになります。使った分だけ払う従量課金のタイプのサービスですので、フリーテルが行っているサービスにちょっと似たサービスとも言えます。
「0 SIM」はどんな人にとって得なの?
それでは早速、「0 SIM」がどんな人にとってお得なのか調べていきましょう!まずは名前にもあるように0.5GBまではネット使用量が無料と言うのは他社には無いサービスです。これは絶対にお得と言える...のですが...ここが最初の疑問だったりします。この0.5GBという量ですが、これって要は「ネットを殆ど使用しない人」の使用量です。具体的にはどれくらい使わないかと言うと、「1週間に1回、外出先でニコニコ動画1~2本を見る程度」です。つまり習慣的に使うような人ではなく、ごく稀に何か思ったことがあって使う程度なのです。このことをもう少し深く考えてみると、「ネットを使用しないならばそもそもスマホである必要があるのかな(?-?」となります。すると、このサービスが有り難い人はかなり限定されてくる訳です。
つまり、スマホは使うけれどもネットは(外で)使用しない人...殆ど外出はしないで家でWIFIでスマホを使っている人向け、になります。そうなってくるとネット代なんて払いたくない人がこのサービスを使う(それこそ、ネット使用量を少しでも増やしたい為に他社のSIMと併用して使用し、0 SIMは0.5GB以内に制限して使用するような人も出てくる)ようになる訳ですが、これだとサービスを提供している会社は当然お金にならない仕事をしなければならなくなるのでそれは避けなければいけません。その為、料金設定に特徴があります。
例えば、格安スマホでは 音声通話有りでネット使用量3GBが1,600円 といったものが大体の相場(詳細は「格安スマホ会社の比較」をご覧下さい)になっています。「0 SIM」で1,600円の使用料になる時、ネットはどれだけ使えるかと言うと
合計 1,600円 - 700円(音声通話分) = ネット使用料 900円 = 0.5GB+0.1GB×9 = ネット使用量 1.4GB
となるのです。ネット使用料が半分以下なのに他社と同じ値段になってしまっています。一方、5GB制限で音声通話有りとした場合は 2,300円/月 なので他社と遜色無い価格になり最終的な金額は問題ないのです。ですので「0 SIM」は「従量分の値上がりが早い」一方で「上限も早い」。つまり、0.5GBを超えてしまって余分に使う人からは早めにどんどんお金を戴いて、単純にネットを頻繁に使う人には他社と同程度の価格で提供するという内容のサービスです。
結局のところ、便利でお得なサービスなのか
ここまでの話の纏めです。このサービスが非常にお得な人は
・ネット使用量を0.5GB以内に出来る人
です。但し、0.5GBを超えたら料金が一気に増えていくのでご用心を。これはネット使用量を自分で十分把握できるし管理も出来る、上級者向けのサービスと言えます。
一方でサービスの便利さと言う点では、最初にあげたソネットらしい便利さがあり、
・料金の上限が決まっていて気軽に使える
ことでしょう。初心者なので細かいことはあまり分からないけれども、使用料の上限が決まっていて料金も他社と比べて遜色なく、殆どの人にとって十分なネット使用量が有り、あまり使わなかった場合には安くなる、直感的に分かり易いサービスと言えます。
つまり、上級者向けでありながら初心者向けでもあるサービスと言えるでしょう。
まとめ
これまでの説明で、ソネットが巧妙な罠を仕掛けてユーザーを騙そうとしているような印象を受けた方もいらっしゃるかもしれません。ですが、ソネットらしい「分からない人でも安心して使える」という方針と「何とかして多くの人に自社サービスを使ってみて欲しい」といった考えが反映されたサービスであると言えます。似たような従量制のフリーテルのSIMよりも金額的な上限も低いので試してみるには良いですし、よく調べてみるとなかなか面白い位置取りのサービスです。
最後に、ソネット以外の会社も含めてじっくりと検討してみたい方は、下記のリンクから詳しく解説しておりますのでよろしければご参照願います。
格安会社の比較、ネットセレブ編
トップに戻る このサイトの方針について
最終更新日:2016年01月29日